治療院概要
アーク鍼灸治療院
カイロプラクティック・オフィス

〒342-0041
埼玉県吉川市保1-30-1 ロコビル1F
tel. 0120-044-880
専用駐車場なし
受付時間
[診療時間]
火曜~日曜 10:00~19:00

[休診日]
月曜

上記営業時間外で治療をご希望の方は、
お早めにご連絡ください。
適応症状
・足首痛・足のむくみ・膝痛・関節炎
・太ももの痛み、しびれ
・ふくらはぎの疲れやこむら返り
・股関節痛・臀部痛・骨盤のズレ歪み
・腰痛・腰が伸びない・背部痛
・肩甲骨の内側のコリ
・腕のだるさ、しびれ・手首の痛み
・関節痛・肘痛・五十肩・首痛・肩こり
・疲れ目・頭痛・顎関節症・О脚など。
・生理痛・生理不順・不妊症・産後の骨盤調整・妊娠中(安定期から)の治療(肩こりや逆子治療など)
・自律神経失調症
・ぎっくり腰

これ以外の症状の方も、
お任せ下さい!

当院のご紹介

院のご紹介

  • アーク鍼灸治療院カイロプラクティックオフィス

    〒342-0041
    埼玉県吉川市保1-30-1 ロコビル1F

    tel. 0120-044-880

    [診療時間]
    火曜~日曜 10:00~19:00

    [休診日]
    月曜

    上記営業時間外で治療をご希望の方は、
    お早めにご連絡ください。


院長ごあいさつ

  • 按摩マッサージ師鍼師灸師国家有資格者

    パシフィックアジアカイロプラクティック協会認定カイロプラクター

    トリガーポイント研究所認定アドバンスセラピスト

    トリガーポイント研究所認定メディカルヨガインストラクター

    ご挨拶
    「あなたの!明日の!元気の!ために!」を合言葉に、
    日々の施術に打ち込んでいます。
    体の不調→心の不調→体の不調・・・。
    この悪循環を断ち切れる様に、心と身体の疲れを回復させる、
    現代人が求める質の高い施術が
    提供できるよう努めています。
    院長 篠原 裕之
    経歴
    篠原裕之
    按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得後、長野県諏訪市の治療院に住み込みで就職し、一日20人~30人の施術経験を積み2年後その経験を買われ成功エプソン半導体事業部のヘルスキーパーとして社員の方々の健康増進に努める。
    2年後、凝りをもみほぐすだけの手法に疑問を感じ上京しマッサージの仕事を継続しながらユニバーサルカイロプラクティックカレッジに入学。
    ここで背骨や骨盤を初めとする全身の関節の調整や内臓の機能を高める様々なテクニックを習得した。
    その技術を埼玉県の吉川温泉内武蔵野治療院の院長より認められカイロプラクティック担当として10年勤務する。その間も関節の調整や凝りをもみほぐすだけでは改善されない事を感じ鍼灸の国家資格を取得。
    その後(あなたの!明日の!元気のために!)を理念として、これまでに学んだ技術の引き出しを開き患者さんの症状に合わせた(オーダーメイド施術)を行うアーク鍼灸治療院を埼玉県吉川市に開設。
    その後も技術の向上に努めトリガーポイント研究所が行っている理論に出会い今までの技術の統合を学び(症状に合わせた技術の選択)では無く(状況に合わせた技術の選択)を行うようになった。
    更に心理、栄養、運動など体の痛みや不調をホリスティックな視点で観察し施術を行っている。

篠原ってどんな人?

S47年4月12日生
妻・奈美
長女・琉南(ルナ H19年生)のパパ
お羊座のA型

小さい時は鬼ごっこや高い所に登る事が大好きで、学生時代は野球や柔道・水泳など部活を掛け持ちで行い、要するにエネルギーが有り余ってじっとしていられなかった様です。
でも、持続集中が必須の絵を描いたり土粘土で物を作る事など想像力や感性が刺激される様なことも大好きでしたよ!

そんなことで、擦り傷・切り傷・打撲・捻挫・突き指はしょっちゅうで、とうとう膝の靭帯を切ってしまい2ヶ月の入院経験もしてしまいました。
これを期におとなしくはなりませんでしたが、体の痛み、不自由さを通して心の不安・落ち込みを感じ、考えさせられました。
マッサージやカイロ・鍼灸の専門学校で体のことについて学び、更に経験も踏まえて、体の痛みや、つらさ、苦しみなどを「理解する事」が出来る様になったんですね。
(c) 2010 アーク鍼灸治療院