治療院概要
アーク鍼灸治療院
カイロプラクティック・オフィス

〒342-0041
埼玉県吉川市保1-30-1 ロコビル1F
tel. 0120-044-880
専用駐車場なし
受付時間
[診療時間]
火曜~日曜 10:00~19:00

[休診日]
月曜

上記営業時間外で治療をご希望の方は、
お早めにご連絡ください。
適応症状
・足首痛・足のむくみ・膝痛・関節炎
・太ももの痛み、しびれ
・ふくらはぎの疲れやこむら返り
・股関節痛・臀部痛・骨盤のズレ歪み
・腰痛・腰が伸びない・背部痛
・肩甲骨の内側のコリ
・腕のだるさ、しびれ・手首の痛み
・関節痛・肘痛・五十肩・首痛・肩こり
・疲れ目・頭痛・顎関節症・О脚など。
・生理痛・生理不順・不妊症・産後の骨盤調整・妊娠中(安定期から)の治療(肩こりや逆子治療など)
・自律神経失調症
・ぎっくり腰

これ以外の症状の方も、
お任せ下さい!

失敗しない治療の受け方

治療後の過ごし方

1.治療効果を高める方法
1回の施術効果を最大にするには、水分補給・ウォーキング・半身浴がお勧めです。

  

水分補給

施術を受け血液循環が良くなったとはいえ、ドロドロの血液では素早く老廃物を排泄できず、疲労物質が全身をゆっくり回る事になり施術後の怠さが長く続いてしまいます。
特に疲労物質(乳酸)を排出するという事で、水分は多めに取るようにしましょう。
施術後の良い状態を維持するためにも、冷よりも温かい物をお飲みくださいね。
  

施術後の20分のウォーキング

1回の施術で表面の筋肉はしっかりほぐされます。さらに深部の筋肉をウォーキングにより身体の中からほぐします。
緩んだ筋肉と緊張した筋肉のアンバランスを緩和させ、施術後の違和感や突っ張り感を無くします。
個人差はありますが、背筋を伸ばしアゴを引き胸を張って手を振り、汗ばむくらい20分程歩きましょう。
前後の水分補給も忘れずに。
  

お風呂での半身浴

膝まで10分、腰まで10~20分間が一般的です。
冷え性の方やのぼせやすい人は、調節して顔から汗がポタポタ落ちるくらいまでが目安です。
入浴の前・中・後での水分補給もしっかり取りましょう。
水やお茶でも構いませんが、お酢入りジュースの方が血液掃除が出来るのが良いです。
2.治療後の注意事項
急性の寝違え・ぎっくり腰・捻挫など、炎症がひどい方の対処法ですが、痛みや炎症が強い方は施術後に肯定反応として症状が悪化する可能性もあるため、冷やし・固定し・安静がお勧めです。


痛みの原因と治療のタイミング

1.痛みの原因とは ?
実は筋肉疲労、筋肉のコリ、体の歪みが痛みの原因ということはご存じでしたか?
筋肉が硬くなり→肉が縮み→関節の動きが悪くなり→慢性の痛みとなり→突然動いて激しい痛みとなるこういった痛みが起こる連鎖があるのです。
つまり、痛みが出る前に施術を受けると、1回の治療で充分に回復できるわけです。
痛みも出ません。つらくありません。
2.いつ治療を受けると良いのか?
ズバリ、「午前中からお昼にかけて」がお勧めです。
筋肉が硬くなるということは、疲労成分(乳酸)や血液の汚れが筋肉中にたまっているからです。
その汚れをマッサージ等でほぐすわけです。

結論としては、

・施術は痛みの前に受ける
・施術は午前中に受ける


この2点を守れば、通院回数は必ず減ります。
通院回数が減る、ということは体の調子が良く、時間もお金も節約できるということです。


まとめ


痛みが出たら」ではなく「疲れが気になる」状態で行く。
痛みが出てから施術するより経済的。


慢性的な痛みは、とにかく初めの1ヶ月は集中して通う。 週に1回くらいがベスト。


施術時間は体格も考慮して決める。
(ご自分で分らない時は、ご相談ください)


患者自身も体を治していく事と心得てください。
(自宅で体操や日常生活での注意点等もあります)


ガス欠になる前に燃料補給をし、痛みを予防しましょう。
(快適な状態で毎日が送れますように)


1~2ヶ月に1度はメンテナンスとして体をほぐし、背骨の歪みを整えましょう。

(c) 2010 アーク鍼灸治療院